突然ですが、この「わが青春の追憶」サイトを2016年2月6日をもちまして、休止させていただくこととしました。
 「艦これ」のおかげでアクセス数も多くなりましたが落ち着いてきたこともあり、思うところありまして、そうさせていただきます。
 これまでご覧いただきましてありがとうございました。
                                        柴   2016年1月31日
 このサイトは、元々私の父が青春期に体験した海軍生活をまとめ、平成9年11月に近所の印刷所で製本したものを、翌年の2月に父が亡くなったてから後に、我が家のホームページの1コンテンツとしてWebに公開したものです。
 私は昭和34年生まれで、戦後の苦労もほとんど知らずに育った世代です。
 小さいころ父と一緒に風呂に入った時、軍歌を教えてもらったり、面白い当時のエピソードを聞いた記憶はありますが、この本の原稿を見るまで知らないことばかりでした。
 私たちの一世代前には大変な時代があって、そして多大な犠牲の上に今がある。父は、私や孫たちにそんな思いを残したかったのだと思っています。
 素人で上手な文章ではありませんが、体験した者にしか残せない記録なのかとは思います。また、記憶は美化して再構成されるものなので、描写の正確性はわかりませんが、当時の一若者の正直な回想ではないでしょうか。
 今回サイトの説明文を省いてしまったところ、メールをいただいた方で私が著者と思われているようなので、あえて付け足しました。

 そして、この度のサイト休止の告知に対する反響の大きさに、正直戸惑っています。 1月の総ページビューの3倍以上を昨日1日で記録しました。休止理由はいたって下世話なもので、心苦しい限りです。

 当サイトをご覧いただいた方々、リンク紹介していただいた方々、長きにわたりご支援ありがとうございました。
 また、ご感想のメールをいただいたにもかかわらず、返信せずに放置したことも多々あったことと思います。皆様のお言葉ありがとうございました。そして、不精なことで大変申し訳ありませんでした。改めてお礼とお詫びを申し上げます。 
                                      柴田   2016年2月3日
info
「わが青春の追憶」をamazonの電子書籍にて販売しています。
といっても、プロ編集者の手が入っているものではありませんので、お含みおきください。

オリジナルと同じ上巻・下巻の2冊で、縦書き、少し写真(一部別の)もあります。
☆「わが青春の追憶」上巻
☆「わが青春の追憶」下巻